福岡わんにゃんファミリアトップ > 福岡で活動されているボランティア団体 

福岡で活動されているボランティア団体
殺処分0を目指して! 協力できることは寄付だけじゃない!福岡のボランティア団体に参加しませんか?       

殺処分ゼロを目指して!

現状

日本では毎年約22万頭の犬や猫が自治体に収容され、約17万頭が殺処分されています
捨てられた犬や猫だったり、迷子になった子だったり、様々な理由で保健所や動物愛護センターに収容されます。

中には飼っていた犬や猫が子供を産んでしまい、里親を見つけたり育てたりすることができない飼い主が保健所や動物愛護センターに持ち込んだりするケースもあります。 持ち込まれた犬や猫の運命は炭酸ガスによる窒息死で決して安楽な死ではありません。

犬や猫も私達と共存する大切な命です!

ボランティア団体・管理センターから犬や猫の譲渡をうける
ボランティア団体へ参加する(一時預かり・搬送の手伝い・お世話)
ボランティア団体へ寄付をする(金銭・フードなど物資)
ねこともの会  http://www.geocities.jp/nekotomofriend/

犬猫の殺処分数の削減を目的としています。子猫の預りさん大募集!

TNR-博多ネコ  http://www.geocities.jp/hakataneko22

福岡でTNR活動を推進し、殺処分ゼロを目指しています。

わんにゃんよかネット(福岡市動物愛護管理センター)  http://wannyan.city.fukuoka.lg.jp/

福岡市動物愛護管理センターの情報や行方不明/迷い込み/譲渡希望などの情報を掲載

いつでも里親募集中   http://www.satoya-boshu.net/

犬・猫を飼いたい方と里親探しをされている方を仲介しています。

TNR活動の後、地域で猫を飼育管理する
TNR活動って?地域ねこ活動

※みんな家庭や仕事を持っています。その中でできることを無理のない範囲でと活動をしています。

【耳カットの由来】…地域でTNR活動をしている人たちが情報交換をしていないと,同じ猫が捕まって手術されるケースがでてきます。そのため,不妊去勢手術の済んだ猫の耳にカットやピアスやイレズミなどの印をつける事が普及してきました。

【地域猫活動とは】…地域猫とは地域住民の理解と協力を得て,地域住民の認知と合意が得られている特定の飼い主のいない猫です。地域猫活動は,地域のルールに基づいて,エサ,トイレの管理不妊去勢手術を行い,将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的としています。

福岡市では地域猫活動を支援しています!
平成21年からスタートし現在665頭の手術を行っています。(平成25年3月現在)