福岡わんにゃんファミリアトップ > 葬儀  > ペットが亡くなってからの対処法

ペットが亡くなってからの対処法/葬儀に持て行ったほうがいいもの

ご遺体の死後硬直に注意する

犬や猫など小さな動物の死後硬直は思いのほか早く進んでしまいます。

気温などにも左右されますのがだいたい2時間から硬直し始めます。

そのままの状態ですと手足がつっぱってしまい
棺桶やケースに収まらないことも。

硬直が始まる前にまぶたを閉じ、
手足を胸の方に優しく折り曲げ、寝ているような
リラックスした姿勢にしてあげるのがBESTです。

ご遺体を清める方法

毛並みや尻尾を整え、
お湯で濡らしたガーゼや布で全身をやさしく拭いてあげます。

口や肛門から体液や汚物が出てくることがありますので、
ガーゼなどでふき取ってあげてください。

ご遺体の安置方法

ダンボールなどのケースに毛布やバスタオルを敷いて安置しましょう。

体液がしみだす場合がありますのでその下に
ペットシートやビニールを敷くと良いですよ。

そして、頭とお腹のあたりに多めのドライアイスやアイスノンなどで
冷やしてあげましょう。(この時バスタオルなどでペットの体を一緒に包むと、
保冷剤が持ちが良くなります。

※夏場、2~3日家で安置する場合はエアコンを
なるべく低い温度に設定しご遺体の腐敗を防ぐようにしてください

最後の時間の過ごし方

ペットが生前愛用していた器に好物の食べ物やお水など入れて、

火葬の日まで毎朝お供えものをするのがおすすめです。

愛情をたっぷり注いであげてください。

<葬儀、当日持って行った方がいいもの>

○お花

○生前、ペットが慣れ親しんだおもちゃやおやつなど

○ペットへのお手紙

あとは一緒に入れてあげたいものがあれば、事前に葬儀場に確認しておきましょう。