福岡わんにゃんファミリアトップ > 特集一覧 > 基本のお手入れ おウチでできるかな!

基本のお手入れ おウチでできるかな!

わん・にゃんの基本のお手入れについてご紹介。

おウチで日頃からお手入れしていると、サロンでもイイコにできるし、飼い主さんと、わん・にゃんとのスキンシップやコミュニケーションが生まれますよ。 サロンデビュー前のパピーちゃんの練習にもなりますね。 でも決して無理はしないで! 大変だ!と思ったらサロンにまかせましょう。
にゃんこは、ペット用の美味しい歯磨きペーストをなめさせるだけでも唾液が出て効果ありだとか。
日頃からクチの中を触られても嫌がらないようになれさせましょう。

歯磨きががどうしても苦手なわんこには、こんな方法。
タオルをおもちゃにして引っぱりっこ遊び。タオルをカミカミすることで歯磨きのかわりになります。
わんちゃんは意外と皮膚が弱いもの。ほこりやダニの死骸など床に落ちたハウスダストからアレルギーになることも。

毎日お散歩から帰ってきた足は必ずきれいにして!汚れた足で耳をかいたりすると、外耳炎など思わぬ事態も。特に耳が垂れているわんちゃんは通気が悪いので要注意。

にゃんこは、ぬるま湯で固く絞ったタオルで体をふくだけでも抜け毛・汚れが取れるケースが多いです。

にゃんこが寝ている時に爪切りをすると成功しやすい。


わんちゃんは抱え方(押さえ方)がポイント。後ろから抱え込むように抱っこすると動きが固定しやすい。爪には血管が通っているので注意! 難しいと感じたらプロに任せてくださいね。
こうもんせんカイカイする前にケアしましょう。

肛門腺絞りは月に1~2度が目安。

ケアしないと、肛門腺に分泌液が溜まり細菌感染などを起こすケースが。 小型犬は肛門腺自体が小さいので気を付けてチェックしよう。

ブラッシングは全身に触れることで、異常の早期発見など健康管理にも役立ちます。

皮膚を刺激することで新陳代謝も良くなります。足の内側に毛玉ができやすいから気をつけて。 ブラッシング中は「おりこうね~」「きもちいいね~」っていっぱい話しかけて、わん・にゃんを楽しい気持ちにしてね。