福岡わんにゃんファミリアトップ > 旅行 

ペットとのお出かけがもっと楽しくなる7つのお約束

基本の『しつけ』できるようにしようね

「まて」や「すわれ」が出来る。「ムダ吠えをしない」くらいの基本的なしつけができるくらいに日々、練習をしましょう。
愛犬が楽しめるための正しいルールを学んで、お出かけ時のストレスを少なくすることが大切。
また発情期中の女の子との旅行は残念ですが自粛しましょう。

お出かけ前の『ケア』しておこうね

混合ワクチンの予防接種やノミ・ダニ対策も!
お出かけ直前のシャンプーは愛犬が疲れてしまうので3~4日前までに済ませてあげて。

『安心』できるもの持っていくからね

旅先で自分の居場所がわからなくなって不安がらないようにトイレやマットシートなど「いつも使っているもの」を持っていきましょう。愛犬用のご飯が準備されているところでも緊張して食べてくれないなんてことも…「いつも食べているもの」も持っていきましょう。

ゆっくりドライブにしようね

日頃、車に乗り慣れていない子は車酔いに気をつけよう。
食事はお出かけの3時間前にはすませて、食べ過ぎ飲み過ぎにも要注意!車に乗る前に軽くお散歩してトイレも済ませてスッキリ出発!ほとんどの犬は暑さに弱いので夏場の車内温度は20度前後に設定を。
休憩は1~2時間に一度を目安に!外での休憩におすすめしたいドッグランを併設しているドライブインなどもあります。
※人の多いSAやPAなどは極力さけて公共マナーは厳守しましょう。

安全が一番の車旅しようね

車からの飛び出し注意!リードをつけて車のドアをあけてあげよう。ドアや窓のロックを!うっかりパワーウィンドウのレバーを押してしまわないようにロックをしておきましょう。少しの時間でも車内でのお留守番は厳禁!夏場、停車した車の中は犬にとって地獄の空間。また、首輪やリードが引っかかってなど不意の事故も絶対に避けたいですね。

お宿ルール、マナー一緒に守ろうね

宿ごとの施設ルールをしっかり理解して、自宅以上に意識して施設を利用しましょう。

  • 玄関でペットの「足を拭く」お部屋の「ベッドやソファに座らせない」のは初歩のマナーです。
  • 浴室への同伴もマナー違反です。
  • 部屋を出てお留守番させる際は必ずサークルに入れてあげましょう。
    普段はお利口さんのわんこでも慣れない環境に、いつもしないイタズラやトイレ以外でのオシッコをするのはよくあること。せっかくの旅なので叱る要因になることは未然に防いであげることも飼い主さんの優しさです。
  • お部屋から出るときはリードをつけ、旅先で出会う方にも思いやりを持つことが大事です
  • 旅の醍醐味・お食事の時間もマナーを守って楽しく過ごしましょう。
    食堂への同伴が可能な場合でも、ちゃんと飼い主さんの足元で「待て」ができるのがベストです。
    人間の食べ物を与えるのは絶対にNG!マナー違反ももちろんですが、愛犬の健康面を考えても良くないです。

気持ちよく帰ろうね

帰る前の掃除ができる飼い主さんは素敵です。
トイレシートや排泄物の後始末はもちろん、抜け毛掃除までできると◎
またペットの粗相にも責任もって対応を。掃除をしたから大丈夫!ではなく汚損や破損は宿の方に申告と謝罪をしましょう。


愛犬と守る「7つのお約束」

守るからこそ、大切でかけがえのない思い出となる旅を過ごすことができると思います。

楽しい時間を過ごすために、飼い主さんと愛犬の間にある『信頼関係』が重要です。
普段から、しつけやマナーに向き合える方ほど、より深い『信頼関係』を築くことができると思います。

大切な家族の一員だからこそ向き合うことを大切に より素敵な旅をお過ごしください。